スキップしてメイン コンテンツに移動

読んだ記事:世情 ワークスタイル テクノロジー

世の中は複雑で分りづらい。それに色々お値段が高い。

稼ぐ為に働いているのに、稼ぐ為にはお金を払わないといけない。
何の為に働いているのやらと思う今日この頃。

何にせよ、組織人として社会へ出て、稼いで生きるならば、 お金の事は詳しくしらないといけないという事ですかね。

それか、もっとローカルで生きたほうが良いのだろうか。



終わりを告げる経団連の時代
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49242 @JBpressさんから


気鋭のグロースハッカー集団、その正体は「お母さん」たち!? 福岡発「ママグロースハッカーズ」の挑戦 - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/23/news013.html

SFAとCRMシステムの違い
~あなたの顧客管理に必要なのはどっち?~
https://www.synergy-marketing.co.jp/blog/sfa-crm-differences

Salesforce 価格
https://www.salesforce.com/jp/smallbusinesscenter/editions-pricing.jsp

Dynamics 365 価格
https://www.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/pricing


+ 人気の投稿(過去 30 日間 )

備忘:YouTubeサムネイル画像デザイン

YouTubeサムネイル画像のデザインを変えた。

■UNIQUE PLAYER YouTube.
https://www.youtube.com/channel/UCzxZXuA7bcq1sdEkRvoi-fw



今年からYouTubeチャンネルを始めて、3ヶ月目。
サムネイル画像の総括をしてみた。

自分でもそうなのだけれど、

・画像で文字情報も識別している。
  → だからタイトル、ナンバリングを入れる人が多い。

・サムネイル下に表示されるキャプションなどのタイトルは、
 ファーストコンタクトでは目に入らない。

・どんなデバイスでも、空いている(表示される)のは、左半分。
  → 再生リストのトップアイコンは、右半分が「〇本の動画」と表示され、デッドスペースになる。

・画面を十字に4分割して、左上の部分に、ファーストコンタクトがいきやすい。

・逆に、画面を十字に4分割して、右下は見えない。(スマホだと分数が表示される)


当たり前の事なんだろうけれど、
自分でシリーズものをやってみて、ようやくその大切さを学んだ。


基本的に、他人と同じものを、理解せずに踏襲するのは好ましくないというか、
コピー以上になることは無いと思っているので、
出来る限り、最初から自分で意味を考えるようにしている。

結局、結果は、流行と同じかもしれないが、
ここから、どう発展していくのかが、
クリエイティブな行為の中で、とても楽しい部分だと思っているので、
楽しみながら考え続けた人の方が、結果が好転しやすい傾向にある。(と思っている)

リスクや工数は、改善を重ね削減していって、
好転する可能性は、思いつく限り世情を研究し、1ポイントでもあげていく。

自分は天才じゃないから、これしかないんだなー(笑)


しかし、サムネイル画像は、
スマホのYouTubeアプリでは、キャッシュなどを削除しないと更新されない模様。。

うーむ。致し方ないねぇ。


まぁ、何事も続けていこう。

新しいWork開始:シネマファクトリー(岡山)作品WEB紹介サポート

UNIQUE PLAYER . work は、映画監督 福田良夫氏、シネマファクトリーをサポートします。

シネマファクトリーで作られた過去作品の一部を、YouTubeで順次配信していきます!










■シネマファクトリー情報
公式サイト:http://www.cinefac.com/
作品一覧:http://www.cinefac.com/about#ichiran

備忘:撮影時の「写り込み」 著作権 文化庁

撮影時の写り込みについて、どこまで許諾を得るのが適切だろうか、という事が、文化庁が具体的に整備されていた。。

知らなかったけど、モヤモヤしていたのが、スッキリした。




特に以下、明確になってよかった。
(1)付随対象著作物の利用(第30条の2)

自身も動画など撮影して、YouTubeにアップロードしようと考えているので、
具体例がきちんと書かれているのがありがたい。

ただし、YouTubeにも規定はあるので、
写り込みの音楽に関しては、もしかすると、広告など付けれない可能性はあるか。

まぁ、基本的には、著作権者に許諾を得るのが、必須。
どこまで許諾を得る必要があるのかが、この文書で明確になった。

さー、次の企画を考えよーかなー。

文化庁
いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備について(解説資料) (第30条の2,第30条の3,第30条の4及び第47条の9関係)
http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/hokaisei/utsurikomi.html